2022/07/17 撮影記を更新しました!

ニッコウキスゲを愛でる尾瀬の旅

この記事は約5分で読めます。

尾瀬に行ってきました。楽園です。異論は認めません(迫真)

きっかけはオクサマ

オクサマ
オクサマ

写真撮りたい!登山に行きたい!尾瀬!

ろべ
ろべ

よし、水芭蕉?ニッコウキスゲ?行ったけど草紅葉?

水芭蕉は寒いぞ。(早口)

オクサマ
オクサマ

じゃあニッコウキスゲ!

と、行き場所と時期は決まりました。

※尾瀬が好きすぎてヲタク的な話し方になってます←

ルート

ニッコウキスゲとなれば大江湿原ですね。2015年に行ってます(7年前だ・・・と?)

ニッコウキスゲを狙いに尾瀬!~2日目~
半年以上前から企画していた尾瀬撮影旅行、2日目です!

となると鳩待峠からだと帰りが沼尻~見晴~山の鼻か龍宮から下田代に登る長丁場。

大江湿原からの帰りを短くするなら沼山峠一択。

そうなると入り口は御池か沼山峠だけど、ピストンはつまらん!と考え。。。

御池~三条の滝~見晴~尾瀬沼で1泊、大江湿原堪能してから沼山峠を登って下山がいいと思いました。※これがミステイク。。。

そこで尾瀬沼ヒュッテのテントサイトを予約。

オクサマの装備も神田神保町で揃え、準備万端!

御池駐車場へ

平日7/14、15で行ったんですが、前日13日の仕事終わりに寝ずに向かおうと考えてましたが、片道4時間の運転を朝方人間が耐えたとして、登山して大丈夫か?とかなり不安になり、仮眠してから出発に切り替えました。

夜型のオクサマは助手席で寝れるので被害は最小限かなと。

無事7時前に到着、準備をして出発しました。

失策・・・

順調に進み、上田代でニッコウキスゲ発見!

抜けた先でギンリョウソウも発見。テンション爆上げです。

チングルマも発見!

写真撮りながらだと進まない。。。w

オクサマは初めてだから尚更(;´∀`)

大江湿原に群生してるから今日は先急ぐよ!と進みます。が。

実は朝飯調達を失敗していて、補給食のみで進んでました(真似しちゃダメ)

それが祟って三条の滝の分岐あたりでコースタイムから遅れが生じ始めました。

予定変更

見晴に到着したのが12時、昼飯食べて再出発する時間が13時ちょい前。。。

ここから2時間~3時間白砂峠を越えて尾瀬沼の北岸を歩く事ができるのか・・・

歩けたとして安全な時間、15時遅くとも16時に尾瀬沼に着けるのかを考えたとき、ちょっと厳しいだろうなと思いオクサマに確認。

ろべ
ろべ

体力的にあと3時間歩ける?

ちょっとでも無理なら予定変更する。

オクサマ
オクサマ

行く。

ろべ
ろべ

(顔が駄目なときの顔)

本当に?あなたの命のほうが大事。

テン場の当日キャンセルして、

ここ(見晴)をキャンプ地とする!でもいいんやで?

オクサマ
オクサマ

・・・止めとく。

と、説得と言うか、決断をさせたというか・・・尾瀬沼ヒュッテのテン場を当日キャンセル(良くない)して、見晴で幕営することにしました。

何度も見晴に泊まってること、白砂峠を往復しているのと、ヘロヘロなときの濡れた木道の恐さを知っているので変更自体はそんなに問題ではなかったです。

尾瀬沼ヒュッテ様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。。。

それとこの日、遅くなればなるほど雨に降られるのはわかっていたので、15時までには行動終了しておきたかった。

2日目、尾瀬沼・大江湿原に!

というわけで、ゆっくり休み、朝4時起床(9時間寝てたw)、5時45分出発で白砂峠に向かいます。

朝飯をしっかり食べたので絶好調なオクサマ、対して2人用テント(タニ2P)で2人で寝て暑くて寝不足なワタクシ・・・尾瀬で暑くて寝られんとは思わんかった。。。3人用買うか・・・

途中、木道で近づいても固まったままのカケスの幼鳥がいてビックリ(゚д゚)!

キミどうしたん?

7年前にミズバショウを初めて見た白砂湿原に今回もミズバショウが残ってました。

7年前はクラブツーリズムの団体が休憩してて行けなかった、その後火事になった沼尻休憩所で休憩して、滑る木道を進んで辿り着いた大江湿原。

疲れが全部吹き飛びましたよ、この画を見て。

が、疲れてるもんは疲れてるのでw、長蔵小屋売店で一服してからニッコウキスゲを堪能します。

ニッコウキスゲが綺麗過ぎる!

そう、これ。これが見たかった。

1ヶ月半前に休みを取る段階で今年の気温、梅雨の傾向、ミズバショウの見頃のタイミングを調べ上げてこの日に設定したのが全部計画通り・読み通り!完璧(自画自賛)

尾瀬沼、カラマツ、ニッコウキスゲにワタスゲ・・・さらに色の遠近法と完璧な写真が撮れたと思ってます(今の自分の限界)

夏の尾瀬はこうでなくちゃ!

反省点はいろいろあるけど最高の夏の尾瀬でした

ブランクによる計画の甘さ、オクサマの体力の過大評価・・・

反省点は多い。ただ、尾瀬だからリカバリできたなと思います。

そして、3連休前の木金で休みを取って尾瀬に行けたのは、人が少ないし大正解でした。

正直他の山と違って大雨・台風以外の雨は尾瀬なら問題にならないから、計画が立てやすい。

ゆっくり写真を撮りながら、尾瀬という楽園を楽しめて大満足の山行でした。

・・・雨に濡れた装備の手入れが大変だったけどな←

ヒウイチ(燧ヶ岳1周) / ろべさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

 

タイトルとURLをコピーしました