Office R11

行って撮るより、撮りに行こう!

甲府-伊豆撮影記(2)

      2018/05/12

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月24日

撮影メインの日です!

昨晩の応援で腹筋・喉をいつも通りやられ、その前の甲州街道運転+寝不足で起床が7時半・・・

(朝は寝るときに捨てたからいいもんね(;一_一))

うだうだうだうだと準備に片付けをしてたらホテル出発が9時半 笑

朝飯どーすっかな?と取り敢えず富士五湖方面へ向かいます。

天気は曇り時々晴れ。悪くなく良くなく・・・どーなることやら・・・

いざ南下・富士山周辺!

甲府から富士山地域を向かうときは山を一つ?越えます。

国道358号で南下していくと、精進湖の登場です。

精進湖 Canon EOS 5D Mark III (29mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

コスモスが咲いていて青空ならいい感じ・・・なんでしょうね・・・

「♪頭を雲の上に出し~」と歌うけども、頭が雲の中・・・

参考:唱歌「富士山」

その後、朝霧高原から伊豆方面!と決めていたんですが、我が富士山観光のベース河口湖に行かねば気がすまん!ということで、これまたいつもの国道139号で河口湖、その後湖北ビューラインで西湖をまわりました。

河口湖 Canon EOS 5D Mark III (29mm, f/9, 1/160 sec, ISO100)

西湖の写真はまた行って撮ってきます。なんせ全身隠れてしもたんで・・・

続いて国道139号を南下して朝霧高原に向かいます。

すかっと晴れたら毛無山やら富士山やらWindows XPの壁紙のような草原も綺麗に見えるんだろうな~とドライブ・・・写真映えしない景色になってしまってます 苦笑

けど、田貫湖と白糸の滝は行ってみたい(未だ行ったことなし)から行ってみるか、とまず田貫湖。

田貫湖 Canon EOS 5D Mark III (26mm, f/11, 1/200 sec, ISO50)

見えたり見えなかったり・・・チラリズムです 笑

これだから富士山は堪らない(*´Д`)ハァハァ←

そして白糸の滝・・・駐車場有料やし(オイ)、混んでるし、先いそがんと・・・ってことでまたの機会に・・・

沼津を抜けて伊豆へ!

では伊豆方面に向かいます。

まずは2011年に研修で住んでた沼津へ向かい、その後伊豆縦貫道で最果てを目指します。

途中、演歌でも有名な天城越えをし、サクラで有名な河津町を通過し東伊豆方面へ抜けます。

下田の手前で展望台があり、伊豆の離島をパノラマで見られる場所がありました。

下田パノラマ Canon EOS 5D Mark III (22mm, f/8, 1/80 sec, ISO100)

左から、大島-利島-鵜渡根島-新島-三宅島-式根島-神津島だそうです。

(このパノラマ写真、PhotoshopのPhotomergeを使って3枚合成で作ってみたんですが、自動でこんなんが出来るんですね・・・呆然としました 笑)

神津島はめちゃめちゃ遠いイメージだったので見られるとは・・・びっくりです。

おっと、気づいたら16時半。夕日を石廊崎で観たい!と思ってたので急ぎます。

南端に・・・

下田を抜ける途中、ビーチで遊んでいたお兄さん、お姉さんがいたり、伊豆半島イチの繁華街であろう下田を通ったりで17時半前に石廊崎に着きました。

ただ、有料駐車場な上、時間が過ぎてて行きづらい・・・日没の方位角を考えても石廊崎は厳しいか・・・と判断し、更に西に進みます。

そして行き着いたのが「あいあい岬」。

とても綺麗な展望台に夕日が見えます。

あいあい岬からの夕日 Canon EOS 5D Mark III (17mm, f/11, 1/40 sec, ISO100)

三脚+ハーフNDで、HDR加工は一切しておりません。ホンマに癒されます(^^♪

夜中の西伊豆ドライブ・・・

この後は夕飯のために真っ暗な漁村を心細くなりつつ走り西伊豆のセブンで夕飯調達→明朝に伊豆スカイラインを走りたいということで西伊豆から峠を越えて天城高原を目指して細い急峻を走ったりと、独りで走ってて寂しくなるという私史上前代未聞の心境になりつつ西伊豆を脱出しました・・・

これまた天城高原の駐車場(街灯なし・車は私1台)で車中泊→翌朝伊豆スカイライン→箱根新道→小田原厚木道路→東名→首都高で自宅に帰りました。

4日間の夏休み、まるまる2日+αを走り、総走行距離は766㎞でした。意外に少ない・・・

(2013年4月にモンテディオ山形vsガンバ大阪のために山形往復800㎞を日帰りでやったんで感覚がおかしいのは分かってます 苦笑)

 

次は登山で撮りたい。

日光白根山、金峰山、両神山、至仏山、燧ヶ岳・・・行きたい山は文字通り山のようにあります 笑

 

また次回!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします!

 - 撮影記 , , , , , , ,