Office R11

行って撮るより、撮りに行こう!

デジイチでのフィルム替え~RAW現像で鮮やかに~

      2019/05/01

このエントリーをはてなブックマークに追加

一つ前の記事ではピクチャースタイルをイジって写真を鮮やかに!と言いましたが、ちょっとまて、RAWの場合は?という疑問にお答えするのが今回です!

DPPでベルビア風

RAWで撮った写真にベルビア風の現像をするには・・・

CanonはDPPでカメラにインストールしたピクチャースタイルを使えるので、DPP現像時にピクチャースタイルを当てるだけです。

やり方はホント簡単です。

Adobe Photoshop Lightroom

私はDPPではなくAdobe Photoshop Lightroomを使用しています。

デジタル一眼で写真を趣味に!というならば、RAW現像したいところ。

フィルム時代の暗室と同じです。

自分で現像することで撮った写真をよく見て反省しますし、自分の考える作風に仕上げられます。

これはフィルム時代も同じように現像していましたし、フィルムを変えられないデジタル一眼だからこその「現像」です。

Lightroomでベルビア風に

Lightroomのプリセットでベルビア風にするだけです。

カスタムプリセットは有償・無償と数多あります。

私は下記のサイトからダウンロードして使ってます。

現像下写真です。(ちょっと好みに応じて多少弄ってます↓)

cmp_01

左:RAW、真ん中:ピクチャースタイルをベルビア50風にしたJPG撮って出し、右:Lightroomでベルビア50風プリセット使用で現像

若干、弄ったせいもあって違いますが、ベルビア風は基本的に鮮やか。

RAWだと好みの設定で現像ができるので更に面白いです。

プリセットを使わない方法

ベルビア風にする必要はないけど、鮮やかに!という場合はLightroomの現像モジュールでで以下の項目をいじってみて下さい。

  • 露光量+0.6くらい
  • コントラストを+15くらい
  • ハイライト-15くらい
  • シャドウ+15くらい
  • 明瞭度+15くらい
  • 自然な彩度+20くらい

この設定だけで、そこそこ鮮やかになります。

あとは写真見ながら適宜変更してみて下さい。

やりすぎるとチカチカしますが・・・苦笑

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします!

 - カメラ・写真知識 , , , , ,